2011年第6回ヴィクトリアマイルの展望 - 競馬初心者のためのおすすめ競馬本・馬券本レビュー実践辞典

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年第6回ヴィクトリアマイルの展望

今週は、G1ヴィクトリアマイルです。
あのウォッカでさえ、負けてしまうのがこのG1の恐さです。

立ち回りのうまさが時に穴をあけるレースです。

注目血統

東京の1600は、

キングカメハメハ
フジキセキ
アグネスタキオン
タニノギムレット

が特注血統。

今回だと、

レディアルバローザ
ブロードストリート
カウアイレーン
ショウリュウムーン
エーシンリターンズ
アパパネ

が該当します。

ブエナビスタは有力だとは思いますが、
去年よりもメンバーが揃っているので、
もしかしたら、負けることもありえると思います。

特に、
カウアイレーンは、

前々走が牡馬混合で9着
前走が中山の大外で14着

牝馬の中に入れば、
逆転もありえると思います。

ローテーションでは、

マイラーズカップ組

阪神牝馬S

組が特に活躍しています。

アンシェルブルー
ショウリュウムーン
スプリングサンダー
アパパネ

は注目ですね。

この中だったら、
ショウリュウムーン
アンシェルブルー

この2頭は血統的にもいいですね。

それから、
穴なら、内枠。

週半ばのけっこうな雨で、内枠、先行に有利な馬場になっているようです。

どこまで能力差をカバーできるか、ですが。

ブエナビスタは、もう5歳。
衰えてきてもおかしくない歳ですので、
そのあたりも、考慮して馬券を買いたいですね。

参考にしてみてください。
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://keibanojiten.blog.fc2.com/tb.php/35-ac5d5f97

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。