競馬・馬券本実践第1弾「ザタイムショック」の実践 - 競馬初心者のためのおすすめ競馬本・馬券本レビュー実践辞典

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競馬・馬券本実践第1弾「ザタイムショック」の実践

調教のタイムを中心に穴馬を探る

調教馬券術「ザタイムショック」を今月は追っていきたい。

この本の目玉は、ある条件を満たす馬をSランク調教馬とすること。

これを追っていきたいと思います。

「ザタイムショック」のレビューはこちら。

では、WIN5対象レースを対象として、

そのレースの
Sランク調教馬を紹介します。

まず、NHKマイルカップ

クリアンサス

東京10レース
ブリリアントS

メンデル

京都10レース
白川特別

◎マナクーラ
ラインドリーム
カノンコード

京都11レース
都大路S

◎ブライティアパルス

新潟11レース
新潟大賞典

◎サンライズベガ


私の個人的な経験から積極的に狙っていいかなと思える馬に◎マークをしました。

この馬券術のいいところは、
もちろん、そのレースでも狙えるんですが、

今後も馬券に活かせるところです。

特に、Sランクに該当する馬で、
馬がまだ若い場合は、素質馬と判断できます。

今回であれば、クリアンサス。
NHKマイルカップでももちろん狙うのですが、本当の狙いは次走になると思います。

今回のレースでも、それなりに穴馬で、狙って面白そう。
そして、もし、このレースで負けても、次走はレースランクは必ず落ちます。

G1の次走ですから、次がG1でない限りメンバーのレベルは落ちるでしょう。
その時に改めて狙うというのが良いと思います。

今月は
「ザタイムショック」を注目の競馬・馬券本として追いかけていく予定です。

参考にしてみてください。

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://keibanojiten.blog.fc2.com/tb.php/30-8da5e7a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。