ジョッキー事業仕分け/樋野竜司のレビューと感想 - 競馬初心者のためのおすすめ競馬本・馬券本レビュー実践辞典

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョッキー事業仕分け/樋野竜司のレビューと感想

万馬券が出るとき。
馬だけを見ていれば、絶対買えない。

でも、騎手の名前を知って、
ああ、あの騎手なら万馬券になってもおかしくないか。

そんな風に思うことがいくつもありました。

騎手の特徴を知っていれば、
取れる馬券もあるんじゃないか。
そんな風に思ったことありませんか?

この本を読めば、
騎手の特徴がだいたいつかめるようになると思います。

事業仕分け

■『ジョッキー事業仕分け』とは?

樋野竜司さんが毎年出している騎手本です。

騎手論に関しては、本島修二さんも『騎手キャラ』を出していますが、それよりも、
樋野竜司さんのほうが確かです。

昔は、樋野さん自身の好き嫌いが本の中に出てきましたが、
今は、冷静に、騎手1人1人の狙い目を解説してくれています。

騎手も人間なので、成長もしますし、環境も変わります。
それを踏まえて樋野さんは騎手のことを書いているように思います。

こうだから、こう。とは決めつけません。
だけれど、
こういう特徴があるよ。というのは、ほとんどあっています。

例えば、内田博幸騎手。
1番人気では、重賞あまり勝てていないと指摘。

理由は、
騎乗数が多いから、重賞などいろんなケアが必要なレースでは取りこぼすことが多い。と。

その通りで、2011年のAJCCは1番人気で勝ちましたが、
1番人気で負ける。
5番人気以外で2,3着が多いように思います。

もう一人例を出すなら、
藤田伸二騎手。

藤田騎手を買うなら、上位人気へ流せばいい。
と書いています。

2011年の天皇賞(春)は藤田騎手のヒルノダム―ルから上位人気へ流せば、
当てられるレースでした。

大事なことをサラっと書いていますので、
流してしまいそうになるんですが、誰でも明日からできる内容が多く再現性が高いです。

■メリットとデメリット。
メリットは、騎手の特徴がこれ1冊でわかること。
騎手のキャラクターがわかるので、その騎手が今後どうなるか予測もしやすいこと。

いち早く武豊騎手は死んでない。むしろ、オッズ的にはこれから!
と書いたのも樋野さんです。

その通りで、皐月賞のダノンバラードなど、重賞で抜群の騎乗を見せて、
馬券配当をあげてくれます。

デメリットは、

内容はなるべく公平になるように書かれてるんですが、
樋野さんの好きな騎手そうじゃない騎手でページ数に違いがあること(笑)

自分が知りたい騎手の記述が意外に少なかった。
なんてこともあります。

それでも、情報が足りないわけじゃないので、
騎手のことを知るには十分です。

■読んで良かったこと。

読んで良かったというか、
もっとちゃんと読んでればよかったなということがたくさんあります。

こういう場面でこの騎手はいい。
その通りのレースがいくつもあるのに、
レースを予想するときには忘れていることが多々あります。

どうしても、血統とか、そんなことを優先してしまって。

あとで、読んで
「ジョッキー事業仕分け」に書いてある通りのレース決着だ!!

ということが本当に多々あります。

何度も読むことをおすすめします。
わかりやすいからダメじゃなくて、内容を忘れないように何度も読まなくてはいけない本です。
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://keibanojiten.blog.fc2.com/tb.php/27-8c7042de

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。